本文へ移動

お役立ち情報ファイル

グリーン(観葉植物)でオフィス空間を快適に

2022-01-14
オフィスのインテリアに人気の観葉植物。職場に植物を取り入れることで快適性を向上させることをグリーンアメニティといい、オフィスの環境改善対策として最近注目を浴びています。

弊社では、オーソドックスな観葉植物をはじめ、 パーテーションに観葉植物をあしらったり、 壁面に絵画を飾るようにグリーンフレームを飾ったりといった最新トレンドをとりいれたオフィスデザイン等、 お客様のニーズに合わせたグリーンアメニティをご提案いたします。 お気軽にご相談くださいませ。
お役立ち情報
こちらではグリーンアメニティ導入の際、役立つ情報をご紹介いたします。

◆オフィスに観葉植物を置くメリット◆
  1. ストレスが軽減される
    観葉植物の緑色を目にすると、リラックス効果が得られます。 緑色は目のリフレッシュや疲労感の緩和が期待でき、空間にさわやかな印象を与える効果もあります。
  2. 空気がきれいになる
    観葉植物は呼吸や光合成によって、空気中の成分を吸収したり放出したりしています。
  3. 生産性が向上する
    観葉植物があり、適度に緑色を目に入れられるオフィスは、リラックス効果やフレッシュな印象を与え、従業員の集中力を高めます。

とはいえ、 メンテナンスの手間とコストを考えると本物の観葉植物を置くのはちょっと…という方にはフェイクグリーンをおすすめします。

◆本物のグリーンとフェイクグリーンそれぞれの特徴◆

本物の観葉植物は生きているエネルギーが感じられる
何より植物の本来持っている存在感やエネルギーを、 ダイレクトに感じられます。当然、 生長していきますから、その変化や生命力もリアルに伝わってきます。
半面、 水換えや手入れを怠ると枯れてしまうため、 日常の世話は不可欠です。 種類によっては虫などの衛生面にも注意する必要があります。

フェイクグリーンは美しさがいつまでも変わらない
管理の手軽さは人工なればこそで、 上手にメンテナンスをすれば、いつまでも美しい姿は変わりません。
質感は本物には及びませんが、
フェイクグリーンの精度は年々向上しており、 複数の種類を組み合わせた配置の工夫により、 時に本物以上のデザインを表現することができます。
また、光触媒等、 空気清浄効果を付加したフェイクグリーンを選べば本物と同等のメリットが得られます。

本物の植物を入れるのか、フェイクグリーンを入れるのか、 オフィス内の配置、 植物の選定など、
弊社では様々な選択肢をご提案することができます。
TOPへ戻る